上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WOW起動短縮法

多くのプレイヤーはWindows Media Playerをバックグラウンドで起動することによって、
WoWのロード時間短縮を経験している。
いくつかのLatency低減、フレームレート向上の報告もある。




なんか良いよね。
インチキくさくて。



最初に見たのは4gamer
Windows Media Playerで,「World of Warcraft」の起動がスピードアップ?


でも記事読んでも実際になにが早くなるのかよくわからなかったから、
リンクにあったWOW Insiderを見てみた。


それによると、実際にWMPをバックグラウンドで起動することにより
(起動するだけで再生などはしない)、WOWのログインスクリーンの表示が20秒短縮、
Enter Worldボタンを押してからキャラクターが表示されるまでの時間が15秒短縮された、らしい。
(キャッシュによる影響を防ぐため、計測の際にはリブートをしたとのこと)


キャラクターの読み込みで15秒短縮って結構すごくない?


試しに会社のPCでやってみたら、
アドオン全然入ってないから読み込み速すぎて違いがわからなかった!
Transだけして落ちました。


ちなみに

SET timingMethod "1" または SET timingMethod "2"

をconfig.wtfに書き込むと、WMPを起動したのと同等の効果が出るとの報告もあったのだけれど、
検証してみると、ログインスクリーンが出るまでの時間は20秒短縮だったものの、
キャラ表示までは5秒しか短縮されなかったとのこと。
WMPと併用したらやはり15秒に。


原因に関してBlizzardからコメントはないものの、
記事ではWMPはバックグラウンドのアプリケーション制御に関して
なんかでかい権限与えられてるんじゃないの?
んで(ただ起動してるだけだから)結果として
WOWに大きなリソースが振られるんじゃないの?って推測をしてる。


うお、Raidの真っ最中にLDした!
PremadeでBG行ってるのにキャラ替えでみんなに待ってもらってる!
などの際には慌てず騒がず、まずWMPを起動してから
WOWに入りましょう。

ちょっと早く戻れる・・・かも??




ジャンル : ゲーム
テーマ : PCゲー

[ 2007/12/27 14:05 ] wow | TB(0) | CM(4)
自分のところに書いた後、覗いてみたら
Ishinさんのとこにも書いてあったよ!

自分のところに書く必要なかった..。
[ 2007/12/27 15:13 ] [ 編集 ]
おk!

何の意味があるのかわかんないけどトラックバックしといた!!
[ 2007/12/27 15:34 ] [ 編集 ]
LOL!

何も効果なかったんだけど...。
[ 2007/12/28 01:18 ] [ 編集 ]
都市伝説w
[ 2007/12/28 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。